あゆみ

1965年(昭和40年)9月
阪神造園建設業協同組合設立。組合員24社でスタート。事務所を北区茶屋町に置く。
1967年(昭和42年)2月
日本万国博覧会協会から日本庭園の石組造成、大樹調達等の工事を受注。
1967年(昭和42年)3月
事務所を北区高垣町に移転。
1970年(昭和45年)3月
日本万国博覧会開幕。期間中9月まで日本庭園の管理を担当。
1971年(昭和46年)5月
事務所ビルを北区神山町(現在地)に購入し、造園会館を設立。
1973年(昭和48年)4月
大阪府の認可を受け、阪神造園高等職業訓練校を開校。(現在休校中)大阪府職業能力開発協会より、造園職種技能検定実技試験の実施業務を受託。
1981年(昭和56年)3月
神戸ポートアイランド博覧会の会場施設建設に参加。
1983年(昭和58年)5月
大阪市より、樹木剪定枝のリサイクル事業を受託。2007年まで継続。
1983年(昭和58年)9月
第1回全国都市緑化フェアが服部緑地で開催され、工事、行事等に協力。
1986年(昭和61年)5月
第37回全国植樹祭が昭和天皇のご臨席を仰ぎ、堺市の大仙公園で開催され、会場整備に協力。
1987年(昭和62年)10月
国際花と緑の博覧会の起工式が鶴見緑地で行われ、会場内各施設の緑化植栽工事及び植栽管理業務を受注。
1990年(平成2年)4月
国際花と緑の博覧会開幕。当組合が出展した「日本の庭」が国際コンテスト名誉賞を受賞。
1995年(平成7年)1月
阪神淡路大震災発生。大阪府・兵庫県の組合員も大きな被害を受ける。
1995年(平成7年)9月
組合設立30周年。記念誌「組合30周年の歩み」を発刊。
2001年(平成13年)5月
日本万国博覧会開催30周年記念「環境フェスティバル21」が開催され、当組合も出展。組合のホームページ開設。
2001年(平成13年)10月
万博記念公園で開催された近畿都市緑化祭に協賛し、緑化の普及・啓発に協力。
2004年(平成16年)5月
公募型の入札制度に変更となり、万博記念公園の維持管理業務の内、日本庭園の樹木剪定等管理業務を受託する。
2005年(平成17年)5月
組合設立40周年。記念誌「組合40年のあゆみ」を発刊。
2006年(平成18年)3月
第23回全国都市緑化おおさかフェアが大阪城公園で開催され、当組合も協賛し、クラインガルテン「風の庭」を出展。
2008年(平成20年)4月
長居公園維持管理業務を㈶大阪市スポーツ・みどり振興協会より受注して、継続中。
2010年(平成22年)4月
㈶大阪府公園協会とグループを結成し、服部緑地・大泉緑地・寝屋川公園の指定管理者となる。
2012年(平成24年)4月
(独)日本万国博覧会記念機構より日本庭園の樹木造形剪定業務を継続受注する。㈶大阪府公園協会とグループを結成し、浜寺公園の指定管理者となる。(一財)大阪スポーツみどり財団より長居公園・八幡屋公園維持管理業務を継続受注。
2013年(平成25年)4月
(独)日本万国博覧会記念機構より日本庭園の樹木造形剪定業務を継続受注する。(一財)公園財団とグループを結成し、淀川河川公園の管理業務を受託する。(一財)大阪府公園協会とグループを結成し、服部緑地・大泉緑地・寝屋川公園を継続受注、新たに、山田池公園・石川河川公園の指定管理者となる。

 

組合員の叙勲・褒章

大阪造園土木㈱ 木村 源次郎
勲五等瑞宝章 黄綬褒章
関西植木㈱ 今里 忠夫
黄綬褒章
関西造園土木㈱ 杭本 克彦
黄綬褒章
㈱クリエイティブ阪急 西冨 義夫
瑞宝単光章
㈱三芳園 西冨 春男
勲四等瑞宝章
㈱昭和造園土木 坂上 種博
勲五等双光旭日章 黄綬褒章
㈱庭樹園 當内 勲
瑞宝単光章
東光園緑化㈱ 田丸 實
勲四等瑞宝章 黄綬褒章
東光園緑化㈱ 田丸 恒雄
勲四等瑞宝章 黄綬褒章
東光園緑化㈱ 富永 孝之
黄綬褒章
冨士造園土木㈱ 金岡 昭雄
黄綬褒章
㈱山都屋 内山 三郎
黄綬褒章
㈱山本定樹園 山本 美一
勲四等瑞宝章

コメントは受け付けていません。